with Another Path − 記事作成代行サービス −

【徹底解説】ホワイトニングの種類別費用はどれくらい?メリット・デメリットも紹介

人の第一印象に大きく影響すると言われている口元。

さまざまなシーンで、歯を白くしたい!と感じる人も多いはずです。

そこで、多くの人が気になっている「ホワイトニング」について徹底調査しました。

最も気になる費用相場に加え、ホワイトニングの種類、メリット・デメリットなどを詳しく解説します。

ホワイトニング治療とはどのようなものか

Unrecognizable dentist whitening teeth of young man sitting in dental chair in modern clinic. Side view.

歯が変色してしまう原因や、ホワイトニングの歴史、歯を白くする仕組みを紹介します。

歯が黄色くなる原因

歯が黄色くなる原因はいくつかありますが、最も大きく影響するのが「ステイン」や「ヤニ」などの外部要因です。

「ステイン」はコーヒーや紅茶などの飲み物、カレーやチョコレートなど色の濃い食べ物に多く含まれ、たばこの「ヤニ」はそれ以上の粘着力で歯に浸透してしまいます。

他にも、加齢や口内環境の影響で歯が黄ばむことがあります。

ホワイトニングの歴史

アメリカの歯科雑誌に「ホワイトニング」という言葉が登場したのが1844年、今から150年以上も前のことです。

そこからさまざまな薬品を使った実験が行われましたが、その技術が確立されたのは1960年以降のこと。

現在のように誰もが気軽にホワイトニング治療を受けられるようになったのは、ごく最近と言えるでしょう。

ホワイトニングで歯を白くする仕組み

ホワイトニング治療には、過酸化水素あるいは過酸化尿素を含むホワイトニング剤が用いられます。

どちらも歯の着色汚れの原因となるステインや、加齢による黄ばみの元を分解する働きがあり、これらを最低でも一定期間を置きながら、複数回に分けて塗布することにより、経過を観察しながら歯を白くしていきます。

ホワイトニングのメリット・デメリット

Young woman checking her skin. Skin care concept.

黄色く変色してしまった歯を白くすることができるホワイトニング治療ですが、メリットがある反面、デメリットもあります。

「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないためにも、メリットとデメリット両方を知ってから治療に臨みましょう。

ホワイトニングのメリット

ホワイトニングの施術を受けた人にアンケートを取り、メリットについて以下のような声がありました。

  • 大笑いすることも気にならなくなる
  • 気づかれなくても自分に自信が持てる
  • ワントーン色があがり、表情に自信が出るようになる
  • 実施してから10年近く経つが、まだ白い
  • 写真を撮る時に歯を出して笑顔を作れる

 自分に自信が持てたり、心からの笑顔を見せることができたりと、外見に関する自己肯定感が上がることが大きなメリットの一つのようです。

ホワイトニングのデメリット

 一方でホワイトニングのデメリットについては、以下のような声がありました。

  • 時間がかかるし習慣化できない
  • 施術してから歯が染みるので、痛い
  • ホワイトニングを継続的に行うためには費用がかかる

効果の持続時間が思ったほど長くないことや費用の高さ、施術時の痛みなどがデメリットとして多くあがりました。

ホワイトニングの種類

Happy dentist patient checking whitening results looking in a mirror

ホワイトニング治療には、大きく分けて「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」2種類の方法があります。

それぞれのメリットとデメリットをしっかりと理解した上で、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは歯科医院で行うホワイトニングのことで、治療には専用の薬剤とライトを使用します。

薬剤は自宅で行うホームホワイトニングに比べて高濃度で、元々の歯の色味や目指す白さによっても異なりますが、1回の施術で歯が白くなったことを実感しやすいのが特徴です。

ただし、この効果も人によって異なりますので、歯科医と事前、事後の相談と医師の指示にしたがって治療を進めていきましょう。

3~6回程度通院することでより高い効果を得られますが歯の色戻りも早いため、白さを継続させたい場合は定期的に通院しましょう。

施術は歯表面の汚れ落としから施術、施術後の確認までを1クールとして、1回約45~60分が一般的です。

虫歯や歯石、著しい歯の汚れがある場合は必要な治療を施してからの施術となるため、まずは受診しましょう。

参考:https://haisha-yoyaku.jp/docs/smileline/column/038.html

オフィスホワイトニングのメリット

オフィスホワイトニング経験者の人々にアンケートを取ったところ、メリットについては以下のような回答が得られました。

  • 何度も通わなくて良い
  • 綺麗な白さ
  • 何より歯科衛生士にやってもらえる安心感
  • すぐに終わり一回で変化が分かりやすい

数回の施術で確実に効果が得られる、1回の施術で白さが実感できる、歯科医院で行うため同時に歯の治療もできるなど、思った以上の手軽さが大きなメリットです。

何よりも、ホワイトニングの基本となるのは、歯の健康を保つことが大前提ですので、歯科医の専門的な知見が背景にあるのは大きな安心材料となります。

オフィスホワイトニングのデメリット

一方でオフィスホワイトニングのデメリットについては以下のような回答が得られました。

  • クリニックに行くのが面倒
  • 効果が持続しない
  • 高値だった上でに痛みが強いので効果が出る前に諦めてしまう

拘束時間が長く通院が難しい、思いのほか効果が続かない、場合によっては痛みが出るといったことがデメリットとして挙げられています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、歯科医院に通院せず自宅で行うホワイトニング治療です。

初回は歯科医院でマウスピースの製作と薬剤を処方してもらう必要がありますが、それ以降は自身でマウスピースにホワイトニング剤を塗布し、そのまま歯に装着すれば完了です。

マウスピースの装着時間は薬剤によって1回30分のものから装着したまま就寝するものまでさまざまで、オフィスホワイトニングに比べると白さを実感するまで時間もかかりますが、その分色戻りが少なく長期間効果が得られるのが特徴です。

希望する白さになるまで毎日行うことが推奨されているため、確実に効果を得たい場合は面倒がらずに継続することが大切です。

参考:
https://haisha-yoyaku.jp/docs/smileline/column/038.html
https://musee-white.com/column/list/dr/home_whitening/

ホームホワイトニングのメリット

 ホームホワイトニングのメリットについて経験者にアンケートを行い、以下のような回答が得られました。

  • 家で行えるので自分の都合の良いタイミングででき、またオフィスホワイトニングより料金が抑えられた
  • 一回、歯科医院でマウスピースの作成と薬剤の処方を受ければ、いつでも自分の好きなタイミングでできる
  • 毎日忘れずにできれば結果的にオフィスホワイトニングより安い

自宅以外でも手軽に行うことができ、その後通院する必要がないこと、オフィスホワイトニングに比べてかなり費用が抑えられることなどのメリットが挙げられました。

ホームホワイトニングのデメリット

デメリットについては以下のような回答でした。

  • 短期間で劇的に歯が白くなることはないので根気よく続けないといけない
  • 安価な商品を選ぶと効果がなかったり歯がしみたりする
  • 自分でやらなければならないのでムラがでてくる可能性がある
  • 毎日必ず実施しなければならないのは結構大変

時間や手間がかかる、白さが均等にならないことがある、継続するのが大変など、自宅でできる手軽さだからこそのデメリットがあるようです。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用

上記2種類に加え、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行う「デュアルホワイトニング」があります。

それぞれのホワイトニング治療を並行して行うことで双方の効果を発揮し、短期間でより白い歯になれる上、色戻りが少なく長持ちさせることができます。

ただし、高い費用がかかること、薬剤による刺激を受けやすくなることなどデメリットもあるので、よく理解して選択しましょう。

ホワイトニング治療にかかる費用

Periodontal disease

ホワイトニングにかかる費用は、病院によって大きく異なります。

「同じ内容なのにどうして違うの?」
「高い方が効果があるの?」

など、気になる費用や中身の違い、料金相場をご紹介します。

ホームホワイトニングの費用

ホームホワイトニングの場合、薬剤の費用に加えマウスピースの製作費用がかかります。

薬剤に関しては種類や濃度、処方される本数で費用が異なりますが、1週間分で5000円前後が相場です。

マウスピースにもいくつか種類があり、約15,000~40,000円が目安になります。

数百円~千円ほどで市販されているものもありますが、自分に合ったマウスピースを使用しないと薬剤が漏れたり、十分な効果が得られなかったりすることがあるため、必ず歯科医院で製作してもらいましょう。

ホームホワイトニングでは白さを実感するまで時間がかかるため、最低でも3~4週間分の薬剤が必要とされています。

歯科医院によっては追加購入ができないなどのケースもあり、引っ越しなどで歯科医院を変えなければならない場合もでてくるかもしれませんので、必ず事前に薬剤の処方方法について歯科医と確認してください。

参考:
https://musee-white.com/column/list/dr/price/
https://haisha-yoyaku.jp/docs/smileline/column/homewhitening-fee.html
https://implant-clinic.jp/whitening/p733/

オフィスホワイトニングの費用

オフィスホワイトニングもホームホワイトニングと同様、薬剤によって費用は多少違ってきますが、白くしたい歯の本数によって料金が異なる点に注意が必要です。

前歯周辺の数本のみ施術するのか、あるいは笑った時に見える範囲全てを白く見せたいのか、など希望する本数によって費用が大きく変わる場合があるため、トラブルを回避するためにも初回カウンセリング時に納得できるまで確認しましょう。

1回の施術は30分~1時間程度、歯の白さを実感できるまでの費用総額は10,000~50,000円が相場ですが、オフィスホワイトニングの場合は色戻りが早いため、白さを持続させるためには定期的なメンテナンスが必要となります。

3ヶ月~半年に1度程度のメンテナンスが好ましく、その際の費用は5,000~30,000円が相場です。

歯科医院によっては、継続的なメンテナンスを行うコース契約などもあるので、費用を抑えたいという方は事前に確認してみてください。

参考:
https://haisha-yoyaku.jp/docs/smileline/column/office-whitening-charge.html
https://musee-white.com/column/list/dr/price/
https://www.tomita-dc.net/menu/whitening-price.html

ホワイトニングは原則保険適用不可で自費費用

一般的な診療と比べてホワイトニングには高額な費用がかかる理由として、ホワイトニング治療が健康保険の適用外になることが挙げられます。

ホワイトニングは病気の治療を目的とした施術でなく審美目的の治療とされているため、原則自費負担となるのです。

ホームホワイトニングでは最低3~4週間、オフィスホワイトニングでは3ヶ月~半年に1度定期的にメンテナンスが必要となるので、その分長期にわたり自費による負担が嵩むことになります。

自費診療に関しては歯科医院ごとに価格が制定されるため、内容に見合った価格であるかしっかりと見極めることが大切です。

ホワイトニングができないケースも

歯を白くするホワイトニングですが、場合によっては治療が受けられないこともあります。

ホワイトニングができないケースは以下の通りです。

虫歯がある場合

小さく目立たない虫歯であれば、その部分に詰め物をしてホワイトニングを行うことができます。

しかし原則として薬剤は天然歯にしか効果がなく、最終的に詰め物との色味に差が出てしまうため、急ぎの理由などがない場合は虫歯の治療が優先されます。

人工の歯

差し歯やインプラントも詰め物と同じく、ホワイトニングの効果は得られません。

クリーニングである程度は汚れを落とすことはできますが、ホワイトニング同様に白くしたい場合は、歯をホワイトニング後の色に合わせて再治療する必要がありますが、差し歯、インプラントのホワイトニングは行わないのが一般的です。

妊娠中

ホワイトニングで使用される薬剤はいくつかありますが、いずれも妊婦や胎児に対する安全性が確立されているものではありません。

授乳中の方も同様です。

薬剤の影響が確認されていない以上、歯科医と相談し行うようお勧めします。

知覚過敏

ホワイトニングで歯が白くなるのは、薬剤が歯に浸透して色素を分解するためです。

その際、知覚過敏があるとより強い痛みを感じることがあります。

痛みを最小限に抑えるためにも、知覚過敏の治療を優先しましょう。

呼吸器官に疾患がある

喘息などの呼吸器疾患がある場合、薬剤が発するガスなどに刺激を受けて咳や発作を誘発してしまうことがあります。

薬剤の濃度が高いほどホワイトニング効果はありますが、その分リスクも高くなるため注意が必要です。

無力タラーゼ症

ホワイトニングで使用する薬剤の主成分は過酸化水素ですが、その過酸化水素を体内で分解する「カタラーゼ」が不足する無カタラーゼ症の方は、有害物質が分解されず体内に残ってしまう可能性があるため、原則施術を受けられません。

歯のエナメル質に問題がある場合

ホワイトニングの薬剤は、歯の表面にあるエナメル質に作用します。

エナメル質に問題がある方がホワイトニング治療を受けると、薬剤が過剰に浸透し歯の神経を痛める可能性があるため、原則施術はできません。

ホワイトニング以外にも歯を白くする方法はある

Young woman brushing her teeth at mirror

ホワイトニングの費用やメリット・デメリットを知り
「ホワイトニングは厳しいかも・・・」
と感じた方には、ホワイトニング以外にも歯をある程度白くする方法があります。

最も簡単なのが歯のクリーニングです。

黄ばみの原因がステインや汚れの付着であれば、歯科医院でクリーニングを行うことで、ある程度は変色した歯を白くすることができます。

他にも、ネイルチップのように歯の表面に薄いセラミックを貼り付ける「ラミネートベニヤ」、セラミックという陶材を一部の歯あるいは歯全体に被せて自然な白さに見せる「セラミッククラウン」などがあります。

これらはホワイトニングでは白くできない歯にも有効なので、興味のある方はぜひ検討してみてください。

まとめ

Woman is whitening teeth with special toothpaste and LED light at home. Beauty concept

ホワイトニングにはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの2種類があります。

ホームホワイトニングの料金相場は、マウスピースの製作費用と薬剤の費用を合わせて35,000~60,000円程度。

オフィスホワイトニングは、施術自体の費用が10,000~50,000円、加えて3ヶ月~半年に1度のメンテナンス費用が1回5,000~30,000円というのが料金相場です。

料金相場に大きく差があるのは、使用される薬剤やマウスピース、機材などに差があるからですが、一概に値段と効果が比例するとは言えません。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、ホワイトニングの予算や目的を考えながら、自分に合った方法を選びましょう。

監修者URL:
https://haisha-yoyaku.jp/bun2sdental/detail/index/id/z200000091/tab/4/

The following two tabs change content below.
記事作成代行サービス『with Another Path(ウィズアナザーパス)』を運営している編集部チームです。これまで10,000記事以上の作成・校閲・納品を行ってきた経験から、読者目線の読みやすさを最重視した記事を納品いたします。

最新記事 by with Another Path編集部 (全て見る)

監修者

松谷英子

松谷英子 医療法人 英仙会 ひらおかデンタルクリニック

お口を通じて、患者様の体がより健康になる、また、患者様お一人お一人に対し、自分の家族や自分の大切な友人の歯を治療するよういつも真剣に携わっております。特に、天然歯を守っていくことを理念に治療を行っている医院です。 加えて、しみにくいホワイトニング(オフィス、ホーム両方のホワイトニング)のサービスも提供しております。